Withコロナ時代の人材業界で勝ち抜く方法とは?インサイドセールスによる営業強化策

新型コロナウイルスに影響で、有効求人倍率は1.04倍にまで下がりました。求人件数が減少して、求職者は増加。採用市場は買い手市場に転換して、人材業界は淘汰の時代を迎えようとしています。 新型コロナウイルスで営業方法が大きく変わる中で、営業支援ツールを導入してビジネス機会を得ることに

成約率を上げるSPIN話法の活用術と、他話法の基本をおさらい(BANT/SNAP/MEDDIC)

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツの「日本の営業実態調査2019」によると、約85%の営業マンが自身の営業活動に不安を感じています。顧客に適切な提案ができているか否か自信が持てないと悩んでいるようです。その解決策として、顧客のニーズや課題を引き出す「SPIN話法」が注目を

Withコロナにおける不動産業界の営業力強化策とは?(インサイドセールスとMAツール活用)

不動産業界でも、集客や営業に関してもDX(デジタルトランスフォーメーション)化が推奨されており、その中でも注目を集めているのが「インサイドセール」と「MAツール」です。 国内では、新型コロナウイルスの影響を受けて、不動産業務プロセスを見直す不動産会社が増えました。業務プロセスの中

インサイドセールス採用される側の視点(転載)

「インサイドセールス採用される側の視点|しげの_インサイドセールス(茂野明彦)」より一部転載 前回のnoteでは採用する側の目線で書きましたが今回はその続編。 採用される側はどう見極めるか、というポイントを解説していきます。 10秒で表題の内容だけほしい人は最後の章に飛んでくださ

コールセンターのリモート化 〜事前準備と導入メリットとは〜

新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大に伴って、2020年4月に緊急事態宣言が発令されました。各社がリモートワークを導入しましたが、3密の環境になりやすいコールセンターでも従業員の健康を守るために、リモート化が導入され始めています。 日本郵政の連結子会社であるJPツーウェイ

コールセンターのリモートシフトがもたらす効用とは?(海外事例を中心に紹介)

はじめに 今回の新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックをきっかけに、世界の様々な産業・企業で在宅勤務へのシフトが起こっています。一度、在宅勤務体制を整えた企業は、パンデミック収束後もその体制を継続する見込みのようです。   この流れはコールセンター業界でも