人工知能時代の営業最適化ツールとは?【インサイドセールスを導入する上でのツールについて】

今回はインサイドセールスを導入する上でのツールについてお話ししたいと思います。 全体最適を図るITツールの選定方法とは? 営業生産性を上げるためにはITツールは欠かせませんが、発生する課題に対してその都度個別にツールを導入すると、部分最適は図れても全体最適は実現しません。 同じ会社でも、各部署で使用しているツールが異なり、お互いにどんなツールを使用しているのかあまり把握していないというのは良くあることです。 その結果として情報が散在してしまい、ツールを導入したことによりエントロピーは増大しても生産性は向上しません。 ITツール導入により営業生産性向上を図るには、まず営業活動全体を見直してどこに課題があるか把握した上で、理想的な最終形(ゴール)を定めて

そもそもインサイドセールスって何?~ITmediaマーケティング_リレーコラム Vol.1 ~

ブリッジインターナショナル株式会社 セールス&コンサルティング本部 上席執行役員 本部長 秋谷 亮 電話を使った営業スタイル ここ数年、“インサイドセールス”という単語はメディアやSNS上で目立つようになっています。 Vol.0でも触れられているように、営業される側と営業する側の双方において、 「消費スタイルの変化」と「働き方改革」などの観点から営業の生産性向上が求められ、 1つの解決手段として”インサイドセールス”に注目が集まっているものと考えられます。 ただ、インサイドセールスといっても様々な形があり、 テレマーケティングやテレアポと何が違うのかということを質問されることは少なくありません。 欧米では1960年代にテレマーケティングをスタートして

<オンライン座談会>おうち時間を楽しもうセッションレポート〜ゲームチェンジした世界で インサイドセールスは 営業を変えるか? 〜(転載)

『700人が集まったウェビナー「広告宣伝費0」「組み立て1日」「集客1週間」その考え方を図解で説明しよう。|高井伸』より一部転載 『登壇者紹介』 ・スマートキャンプ株式会社 取締役COO 阿部 慎平氏 ・株式会社ビズリーチ HRMOS事業部インサイドセールス部部長 茂野 明彦氏 ・モデレーター:株式会社インターパーク取締役COO 高井 伸氏 ・株式会社RevComm 代表取締役 會田 武史 ――テーマ『〜ゲームチェンジした世界で インサイドセールスは 営業を変えるか? 〜』 4/23(木)18時から1時間で「今後のインサイドセールス」をテーマに座談会形式でウェビナーを開催しました。 イベントとか、対面営業が封殺されている状態で、インサイドセールスのカ

■ Inside Sales Conference 2018セッションレポート   〜インサイドセールス支援の競合3社が本音で話す、成功と失敗の3大要素〜【第2回】

――来場者からの質問:インサイドセールスを導入するためにはどうしたらいいのか。そして、導入した後に効果的に運用するためにはどうしたらいいのか、教えてください。 會田 続きまして、第2問『インサイドセールスを導入するためにはどうしたらいいのか。そして、導入した後に効果的に運用するためにはどうしたらいいのか、教えてください』 『インサイドセールスのモデルは4つの観点で考える』 秋谷氏 私も、色々な方々のインサイドセールスの導入に携わってきたのですが、まずどういうモデルにするのかをお話しさせていただいております。4つの観点で基本的にはインサイドセールスのモデルは変わってきます。 ①営業の目的(新規の売り上げを作る、既存のお客様のカバー、クロスセル、アップセ

■ Inside Sales Conference 2018セッションレポート   〜インサイドセールス支援の競合3社が本音で話す、成功と失敗の3大要素〜【第1回】

『登壇者紹介』 スマートキャンプ株式会社 取締役COO 阿部 慎平氏(以下「阿部氏」) 新卒でデロイトトーマツコンサルティングに入社後、大手企業の戦略プロジェクトに従事。 2017年3月にスマートキャンプに入社。 事業・人事戦略の策定やインサイドセールスコンサルティング・アウトソーシングサービス「BALES(ベイルズ)」の事業立ち上げを推進。2018年4月より取締役COO就任。 CM動画:リンク先 SALES ROBOTICS株式会社 代表取締役社長CEO&Founder 内山 雄輝氏(以下「内山氏」) 2004年 早稲田大学卒業後、SALES ROBOTICSの前身となるWEICを設立。 日本の多くの企業で営業現場が疲弊している状態に危機感を持ち、

連続インタビューvol.3 トレジャーデータ・渡辺氏「インサイドセールスはデマンドジェネレーションまで進化すべき」

みなさん、こんにちは。 連続インタビュー第3回は、インサイドセールスに向いている人・いない人や育成方法、今後の展望などについてうかがいます。 渡辺氏いわく、データベースマーケティングに極めて重要なのは「ログデータ」とのこと。その残し方にもどうやらノウハウがあるようです。最終的には、インサイドセールスは「ナーチャリング部門にとどまらず、『デマンドジェネレーション』まで進化すべき」と話す渡辺氏の意気込みについても詳しくうかがいました。 トレジャーデータ株式会社 マーケティングマネージャー 渡辺 順氏 2014年7月トレジャーデータ株式会社入社、マーケティング部門に従事。 トレジャーデータ以前は、サン・マイクロシステムズ株式会社にて、メディア・サービス業界