製薬業界の大競争時代!Withコロナ時代の新たな営業方法とは?

医師が自身で情報収集するようになり、製薬会社の業務見直しでMR(医薬情報担当者)が減少しています。2020年のMR数は前年同期比4.6%減の5万7,158人で、6年連続の減少になりました。また、新型コロナウイルス感染拡大は医療業界に大きな影響を与えていますが、同時に製薬業界も影響

【製薬業界DX事例】デジタル化推進で業績を伸ばす製薬会社の取り組み

McKinsey&Companyの調査結果によると85%以上の医師がMRを介さずに情報収集ができると回答しています。さらに、コロナ禍でMRの必要性が薄れてきており、業績伸長に悩む製薬会社が出てきています。このような現状を打破するための対策方法はあるのでしょうか?この記事では、DX

Withコロナ時代の人材業界で勝ち抜く方法とは?インサイドセールスによる営業強化策

新型コロナウイルスに影響で、有効求人倍率は1.04倍にまで下がりました。求人件数が減少して、求職者は増加。採用市場は買い手市場に転換して、人材業界は淘汰の時代を迎えようとしています。 新型コロナウイルスで営業方法が大きく変わる中で、営業支援ツールを導入してビジネス機会を得ることに

成約率を上げるSPIN話法の活用術と、他話法の基本をおさらい(BANT/SNAP/MEDDIC)

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツの「日本の営業実態調査2019」によると、約85%の営業マンが自身の営業活動に不安を感じています。顧客に適切な提案ができているか否か自信が持てないと悩んでいるようです。その解決策として、顧客のニーズや課題を引き出す「SPIN話法」が注目を

初対面のオンライン商談で距離を詰めるコツとは

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて、オンライン商談を実施する企業が増えてきました。オンライン商談は、移動時間を削減できるため、1人当たりの1日の商談件数を増やすことができます。 また、商談相手の負担を減らせるため、アポイントを取りやすいというメリットも得られます