オンライン営業で成果をあげる方法Vol.1

電話やオンライン会議ツールなどを利用して行う「オンライン営業」。 成果を上げるためには、「活動量(架電数)」と「アポ獲得率」を向上させる必要があります。 AI搭載型クラウドIP電話MiiTelを導入することにより、短期間で成果が出た企業が多数あります。今回と次回の2回にわたり、M

インサイドセールスにおける賞賛文化をつくる必要性とは?

インサイドセールスの主な業務内容は、見込み顧客の育成です。見込み顧客が求めている情報を提供して案件化させ、フィールドセールスに案件を引き継ぐことが主な業務となります。インサイドセールスは、見込み顧客から断られる事が多く、契約までのプロセスを自ら行うわけではないため達成感を得にくい

インサイドセールスの職業(SDR・BDR)に向いている人材とは

 各業界で「インサイドセールス」への注目が集まっています。電話やメールを中心に遠隔で取り組む営業スタイルで「内勤営業」とも呼ばれますが、オンライン商談ツールの登場やデータを活用したアプローチ方法など営業手法は進化。内勤営業でも高い商談化率・契約率を獲得できるようになりました。その

営業現場の効率化や意識改革に大きく役立つ「ファクトベース」とは?

ファクトベースは、営業現場の効率改善や意識改革に大きく役立つ思考法です。本記事では、ファクトベースについて、 ファクトベースの意味 ファクトベースでメンバーの業務を評価することのメリット ファクトベースの導入に欠かせないポイント の3点を分かりやすく解説しています。 「営業効率が

有意義な会議に必要なラップアップの方法とは?

有意義な会議とは、参加者の意見を引き出した上で意思決定が実現できることです。これらが、時間内に完結できれば、充実した会議になります。 充実した会議を実現するために、(1)ゴールを明確にする(2)議論を発散させて収束させる(3)ラップアップすることを意識する必要があります。この中で

WithコロナにおけるSaaS企業の営業力強化策とは?

新型コロナウイルス感染症の影響で訪問営業が行いづらくなった一方で、新たな営業手法としてインサイドセールスが注目されてきています。 本記事では、WithコロナにおけるSaaS企業の営業強化について詳しく紹介します。 Withコロナにおける営業での問題点 新型コロナウィルス禍の環境下