Withコロナ時代の新しい営業パイプラインの構築方法とは?

 緊急事態宣言が解かれ、少しずつ元の日常が戻ってきています。  しかし、ニューノーマルと呼ばれるように、全てが元通りになるわけではありません。皆さんの中にも、週に何日かはリモートワークをするようになったり、オフピークでの通勤になったりと、様々な場面で変化が求められていることと思います。  それでは数ある業務の中で、営業スタイルはどう変わったでしょうか?  コロナ前のように変わりなく訪問営業ができていますか? 恐らく多くの企業では、不要不急の面談や商談は控えられる傾向にあるのではないでしょうか? 結果的に自粛期間中と変わらず、リモート営業を余儀なくされているケースが多々あるでしょう。あなたの組織では、リモート営業によって成果を挙げられていますか?  ク

【3分でわかる】ゼロからインサイドセールス部門を立ち上げる方法とは?

 新型コロナウィルスの騒動が一段落し、多くの企業が徐々に元の経済活動に戻りつつあります。しかしながら、依然として続くコロナ禍では、新しい生活様式が求められます。小売店などは入場制限を行い、飲食店も過密な状態を避けるように運営しています。  B2B企業においても、コロナ前と同じように訪問営業することは難しくなっています。たまたま近くまで来たので」や「久しぶりにご挨拶に伺いました」などのいわゆるお伺いで、明確な理由がなく、客先に出向くのはますます難しくなるでしょう。B2B企業は、Withコロナの環境下に相応しい営業スタイルを構築しなければならないのです。  昨今話題となっている「インサイドセールス」に注目している方は少なくないでしょう。インサイドセールス