リモート環境での社内コミュニケーションとモチベーション管理について

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり、社会的認知度が高まるリモートワークですが、一度導入してみたものの、運用に失敗して元の働き方に戻る企業が多いようです。   2020年7月14日に東京商工リサーチが公開した「第6回新型コロナウイルスに関するアンケート調査」では、約4分の1の企業がリモートワークを実施したが、取りやめたと回答しています。   リモートワークに苦戦する企業がある一方で、積極的にリモートワークを採用して急成長している企業もあります。どうすれば、リモートワークを上手く活用することができるようになるのでしょうか?   この記事では、成功事例を踏まえたリモートワークのやり方や、チーム構築方法について紹

マネジメントとリーダーシップの違い(転載)

「マネジメントとリーダーシップの違い|しげの_インサイドセールス(茂野明彦)」より一部転載 この切り分けはかなり曖昧な人が多いのではないでしょうか?私もそうです。ただここが曖昧なままだと組織運営上問題がありますのでここで整理していきたいと思います。きっかけをくれたKさん、ありがとうございます。 とてもシンプルに書くと以下です。 ・リーダシップとマネジメントは別物 →リーダシップが強くてマネジメントが弱いのは問題、逆もしかり。 どちらの活動も独自の機能と特徴を合わせ持っている。補完関係にある。 ・マネジメント →計画と予算の策定、組織編成と人員配置、統制と問題解決 ・リーダシップ →方向性の設定、人心の統合、動機づけ 私のイメージでは武将と軍師、エンジ

あなたは誰と会話してますか?(転載)

「あなたは誰と会話してますか?|しげの_インサイドセールス(茂野明彦)」より一部転載 今日は話している相手について考えてみたいと思います。 これはインサイドセールス(SDR/BDR, 以下IS)だけではなく、フィールドセールス(Online/訪問営業, 以下FS)にも共通する話だと思います。 “このnoteでの”言葉の定義 便益:金銭的なものに定性的なものも含めたメリット 利益:金銭的、もしくは定量的なメリット B2Bでは企業の課題、経営課題に言及しろ!という考え方 間違いありません。B2BのISにとって企業に対して提案するのはその課題の大きさや重要性を理解し、解決へ動いていただく必要があります。 そのためにISは企業や市場の

アフターコロナ時代を生き抜く鍵を握るインサイドセールスとは?

「アフターコロナの世界でビジネスはどう変化するか」。すでに各方面で議論されているこのトピックについて、Sales Hackerでは「アフターコロナにおけるBtoBの営業活動」にフォーカスして考察してみます。 またビジネスの変化に対して、インサイドセールスがどのように寄与するかについても考えてみたいと思います。 アフターコロナで変わるBtoBビジネス 企業の購買行動の変化 営業組織がどう変わるかを理解するには、ビジネス全体において、顧客がどう変化するかを理解する必要があります。新型コロナウィルスをきっかけに私たち消費者の購買活動が大きく変化しているのと同様に、企業の購買行動にも大きな変化が起きる、あるいはすでに始まっています。大きなポイントは下記の2点

【3分でわかる】成長企業は何故インサイドセールスを導入しているのか?

あなたが企業の経営者や営業部門のマネージャーであれば、一度はインサイドセールスという言葉を聞いたことがあるでしょう。 あなたは恐らく、インサイドセールスがどのような仕組みかはなんとなく理解しつつも、「実際にどれほど効果的か」について懐疑的かもしれません。 しかし、いまインサイドセールスは、旧来の営業スタイルを大きく変革する効果的な仕組みとして、成長している企業の多くが導入しています。 この記事では、あなたがインサイドセールスの導入を検討する手助けとなるように、インサイドセールスが注目される理由や効果にフォーカスして解説していきます。 インサイドセールスとは? 初めにインサイドセールスの基礎を簡単におさらいしましょう。 インサイドセールスとは、多くの場

人工知能時代の営業最適化ツールとは?【インサイドセールスを導入する上でのツールについて】

今回はインサイドセールスを導入する上でのツールについてお話ししたいと思います。 全体最適を図るITツールの選定方法とは? 営業生産性を上げるためにはITツールは欠かせませんが、発生する課題に対してその都度個別にツールを導入すると、部分最適は図れても全体最適は実現しません。 同じ会社でも、各部署で使用しているツールが異なり、お互いにどんなツールを使用しているのかあまり把握していないというのは良くあることです。 その結果として情報が散在してしまい、ツールを導入したことによりエントロピーは増大しても生産性は向上しません。 ITツール導入により営業生産性向上を図るには、まず営業活動全体を見直してどこに課題があるか把握した上で、理想的な最終形(ゴール)を定めて