リモートワークでモチベーションを維持する方法とは?

2020年11月に実施されたパーソル総合研究所「テレワーク実施率の調査結果」によると、全国のリモートワーク実施率は24.7%となっています。 5月に実施された同調査と今回の調査を比較すると、「会社がテレワークに消極的で実施しにくい」と回答した人が2.3ポイントも増加しています。企

Googleのグループ会社が参入!保険業界で急務となったDXの取り組み方

損保ジャパン日本興亜総研レポート「保険会社のデジタル化に関する意識調査」では、75%の保険会社が「デジタル化による革新が起きると予測している」と回答しており、59%の保険会社が「GoogleやAmazonが販売チャネルに進出することを懸念している」と回答しています。 実際に、Go

保険業界はインサイドセールスで商品提案をする時代へ

MA&ADインシュアランスグループホールディングスの調査結果によると、日本の生命保険の市場規模は約40兆円と言われ世界2位の規模を誇ります。 1996年に施行された改正保険業法では、販売チャネルの多様化が認められ、2000年代にはインターネットが急速に普及。その結果、営業職員や代

製薬業界の大競争時代!Withコロナ時代の新たな営業方法とは?

医師が自身で情報収集するようになり、製薬会社の業務見直しでMR(医薬情報担当者)が減少しています。2020年のMR数は前年同期比4.6%減の5万7,158人で、6年連続の減少になりました。また、新型コロナウイルス感染拡大は医療業界に大きな影響を与えていますが、同時に製薬業界も影響

【製薬業界DX事例】デジタル化推進で業績を伸ばす製薬会社の取り組み

McKinsey&Companyの調査結果によると85%以上の医師がMRを介さずに情報収集ができると回答しています。さらに、コロナ禍でMRの必要性が薄れてきており、業績伸長に悩む製薬会社が出てきています。このような現状を打破するための対策方法はあるのでしょうか?この記事では、DX

Withコロナ時代の人材業界で勝ち抜く方法とは?インサイドセールスによる営業強化策

新型コロナウイルスに影響で、有効求人倍率は1.04倍にまで下がりました。求人件数が減少して、求職者は増加。採用市場は買い手市場に転換して、人材業界は淘汰の時代を迎えようとしています。 新型コロナウイルスで営業方法が大きく変わる中で、営業支援ツールを導入してビジネス機会を得ることに