オペレーションルールを明文化して組織力をあげるコツ

営業部門の組織力を上げるためのシンプルな方法とは、オペーションルール(作戦や戦略)を明文化することです。 営業プロセスを明確にすることで、組織の成果を最大化することができます。一体、どのようにすれば良いのでしょうか?この記事では、オペレーションルールについて詳しく解説します。 オ

3週間で新人メンバーが即戦力!リモート上で早期戦力化を図るためのオンボーディングのコツとは?

新人メンバーを育成して即戦力として早期に活躍してもらうためには、オンボーディング(※1)が欠かせません。株式会社RevCommでは、リモート環境下でもオンボーディングにより3週間で新人メンバーの育成を実現しています。 今回は、カスタマーサクセス部門で活躍する峰松と木村にオンボーデ

SDR・BDR部門と営業部門の連携方法とは?失敗事例からポイントまで解説

契約獲得や売上拡大のために、営業活動の分業化をする動きが出てきています。顧客側が得られる情報は多岐に渡るため、高い専門性で満足して頂けるアプローチが余儀なくされてきているのです。そのため、営業活動を分業化して各担当者に専門領域を与えるために、インサイドセールス部門(SDRまたはB

コロナに立ち向かうための組織&経営戦略の見直し方

帝国データバンク「 新型コロナウイルスによる企業業績への影響調査(2020年度)」の調査結果では、新型コロナウイルスの影響で売上が減少したと回答した企業は約6割という結果になりました。新型コロナウイルスは変異種が登場するなど不確実な要素が多い外的要因です。 しかし、企業は不確実な

新人教育の正しいやり方とは?5つの手順でオンボーディングを実施しよう!

近年、事業運営における新人教育の重要性は高まっています。 ビジネスをとりまく急激な変化や人材不足に加え、新卒や若手社員の離職問題が深刻化してきているためです。 米国ウィスコンシン州のオンライン教育サービスLORMAN社は人材教育の重要性について、以下のように述べています。 「業界

インサイドセールス部門の役職ごとのKPIとは?(SDR/BDR/管理職)

インサイドセールス部門を上手く稼働させるためには、KPI(Key Performance Indicator)が必要不可欠です。 KPIは「重要業績評価指標」と訳され、インサイドセールス部門が適切に運営されているか、数値で評価するためのものです。KPIを具体的に設定しておけば、理