初期導入費や通話料金などコストが安く抑えられるMiiTel

2020年3月から、5G(第5世代移動通信システム)が一般利用できるようになりました。大容量の高速通信が可能となり、複数の端末の同時接続も容易になりました。通信環境の向上により、インターネット回線の不安定さも解消されつつあります。このような時代の変化に伴い、コスト削減を目的として

在宅コールセンターの立ち上げが簡単!最短1日で導入が実現できるMiiTel

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、リモートワークが多くの方に認知されました。新型コロナウイルスが収束した後もリモートワークを希望する方は一定数いることでしょう。 今後、企業は多様化する働き方に対応して優秀な人材を獲得していかなければいけません。そこで、重要な鍵を握るのが「

3週間で新人メンバーが即戦力!リモート上で早期戦力化を図るためのオンボーディングのコツとは?

新人メンバーを育成して即戦力として早期に活躍してもらうためには、オンボーディング(※1)が欠かせません。株式会社RevCommでは、リモート環境下でもオンボーディングにより3週間で新人メンバーの育成を実現しています。 今回は、カスタマーサクセス部門で活躍する峰松と木村にオンボーデ

ATT(平均通話時間)を短縮する必要性とポイントを紹介!

(はじめに) コールセンターの運営効率化のために、ATT(平均通話時間)を短縮することは大切です。 ATT短縮の必要性について理解して取り組むことで、業務効率化やコスト削減だけではなく、顧客満足度を上げることもできます。そのため、コールセンターを運営する管理職の方はATT短縮の実

アフターコールワーク(ACW)の効率化とは?具体的な改善方法と企業事例

アフターコールワーク(ACW)とは、コールセンターにおいて業務効率化や応対品質改善を図る際に、注目すべき指標のひとつです。顧客に左右されやすい平均通話時間(ATT)とは異なり、ACWはコールセンターが主体的に短縮しやすいものです。まずはACWに着目し、後処理作業を見直すことからは

社内のトークスクリプトは本当にスキルアップに繋がっている?

営業活動において、顧客アプローチ方法となるトークスクリプトを作成しているにも関わらず、成果に結びつかないと悩む企業も珍しくありません。また、従業員の教育にトークスクリプトを利用しても、個人差が出ることもあります。 本来、トークスクリプトを作成する目的は営業力向上や標準化のはずです