ATT(平均通話時間)を短縮する必要性とポイントを紹介!

(はじめに) コールセンターの運営効率化のために、ATT(平均通話時間)を短縮することは大切です。 ATT短縮の必要性について理解して取り組むことで、業務効率化やコスト削減だけではなく、顧客満足度を上げることもできます。そのため、コールセンターを運営する管理職の方はATT短縮の実

アフターコールワーク(ACW)の効率化とは?具体的な改善方法と企業事例

アフターコールワーク(ACW)とは、コールセンターにおいて業務効率化や応対品質改善を図る際に、注目すべき指標のひとつです。顧客に左右されやすい平均通話時間(ATT)とは異なり、ACWはコールセンターが主体的に短縮しやすいものです。まずはACWに着目し、後処理作業を見直すことからは

社内のトークスクリプトは本当にスキルアップに繋がっている?

営業活動において、顧客アプローチ方法となるトークスクリプトを作成しているにも関わらず、成果に結びつかないと悩む企業も珍しくありません。また、従業員の教育にトークスクリプトを利用しても、個人差が出ることもあります。 本来、トークスクリプトを作成する目的は営業力向上や標準化のはずです

固定電話からIP電話に切り替えると得られる5つの効果とは?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年にリモートワークが普及しました。これを機会に業務内容や情報共有の方法を見直す企業が増えています。 リモートワークの普及拡大がする中で、固定電話を利用している企業が体制を整えることに苦戦しています。固定電話でリモート環境に切り替えると、

コールセンターのコスト削減の基本

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による業績悪化への対応策として、各企業においてコスト削減や効率化など事業の体質強化が求められるようになりました。 コールセンターも例外ではありません。コールセンターの運営には、地代、人件費、通話代など様々なコストがかかります。コールセン

〜IP電話・PBX・IVR・ACD・CTI・CRM〜 電話システムの基本用語を分かりやすく解説

総務省「平成30年版情報通信白書」によると、IP電話の加入契約者数は堅調に伸びています。実際に、通話料が安く抑えられるだけではなく、業務効率化も同時に図れます。 また、IP電話の導入と共にシステム連携を行えば、通話料金の削減だけではなく、完全にフルリモートのセールスチーム構築が実